Hero

2021 年 AWARE Week

9 月 18 日~26 日

 

 

オーシャンアクション実現のための計画を推進

2021 年 9 月 18 日~ 26 日に開催される第 4 回 AWARE Week は、世界中の PADI メンバーに、世界にインパクトを与えるためのローカルな活動に焦点を当てた海洋保護活動やコースの実施を奨励し、刺激を与えることを目指しています。この世界的なイベントを通じ、国連「持続可能な開発のための海洋科学の 10 年」を直接支援するために、10 年間の保全活動を描いた PADI 海洋保護計画を推進します。

PADI は、新たに発表された世界的な慈善団体である PADI AWARE Foundation™ とともに、既存のプログラムである脆弱種保護海洋ゴミ対策を次のレベルに引き上げることを目指しています。また、気候変動、海洋保護区、サンゴ礁など、同様に重要な海洋保護問題に取り組むことで、海洋保護におけるリーダーシップを確立していきます。

 

 

 

 

PADI ダイブ・プロフェッショナルであるあなたは、すでに PADI トーチベアラー ™ ・コミュニティのリーダーです。ご自身とダイブセンターを PADI トーチベアラー・データベースに登録することで、ミッション・ハブとなり、海を救うためにあなたとあなたのダイバーができる現在の保護活動に取り組むことを選択したことになります。

自然保護活動の経験の有無にかかわらず、あなたのリーダーシップが重要であり、あなたは変化を起こすことができます。今すぐ参加して、ダイビング・コミュニティの総合的な海洋保護力を高め、有意義な変化のための行動をリードできるよう準備をしていきましょう。

 

 

AWARE Week に参加しよう

PADI AWARE のパワーは、海との深いつながりを持ち、海を守りたいと願う各地域の情熱的なダイブ・プロフェッショナルやオペレーターである皆さんにあります。今年の AWARE Week を通じ、世界にインパクトを与えるために各地でどのようなアクションを起こせるかをご紹介します。

 

 

DAD
すべてのダイブは調査ダイブ

お気に入りのダイビングスポットのゴミを回収しながら、世界最大の水中データベースにあなたのデータを提供しませんか?2030 年までに対象国で海洋ゴミを 50% 削減するという目標を達成するためには、さまざまな形で多くの人からの協力が必要です。 

ジュニア・オープンウォーター・ダイバー以上の認定をお持ちの方であれば、海洋ゴミの問題に正面から取り組むことができます。Dive Against Debris® の調査に参加したり、Dive Against Debris・スペシャルティを取得することもその方法の一つでしょう。詳しくは、お近くのダイブセンターにお問い合わせいただくか、コンサベーション・アクティビティ・ロケーター*で検索してください。 

*コンサベーション・アクティビティ・ロケーターは現在日本国内には対応しておりません。

Submit data
データを提出する

PADI AWARE Foundation の政策活動は、国連の持続可能な開発目標、特に、SDG14「海の豊かさを守ろう」の推進に貢献しています。質の高いデータの提供が必要とされ、ダイバーである私たちはそのデータを収集するスキルを持っているのです。

市民科学者として活動することで、私たちの収集したデータは海と海洋地域に住む人々の環境を保護するために役立てられます。 せっかくのダイビングを無駄にしないよう、収集したデータを提出してあなたのダイビングを価値あるものにしましょう。

AWARE course
AWARE コースを受講する

知識を増やし、海の惑星である地球を守るダイバーになるための方法を学びます。PADI AWARE スペシャリスト、Dive Against Debris® 、AWARE サメの保護、AWARE サンゴ礁の保護、魚の見分け方、などのコースがあります。

詳しくは、お近くのダイブセンターにお問い合わせいただくか、コンサベーション・アクティビティ・ロケーター*で検索してください。

*コンサベーション・アクティビティ・ロケーターは現在日本国内には対応しておりません。

Fundraise
AWARE のための募金活動

海洋保護に最も大きな影響を与えることができるのは、他でもないあなた自身です。募金活動に参加することで、海の未来を自分の手で変えることができるのです。資金調達の機会は無限にあります。

ダイビング仲間や地元のコミュニティと一緒に、さまざまな方法で募金イベントを開催することで、「海洋保護活動のための実行計画」を推進する重要な役割を果たすことができます。海洋保護プログラムは皆さんの募金活動によって支えられています。 

 

manta
AWARE に寄付する

PADI AWARE Foundation のすべての活動は、皆様からの暖かいご寄付により成り立っています。AWARE Week における、「海洋保護活動のための実行計画」を推進するために必要な資金の提供にご協力ください。 

皆様からのご寄付は、気候変動、海洋保護区、サンゴの再生などに取り組む新しいプログラムの創設を可能にするとともに、既存のプログラムである脆弱種保護マリン・デブリ(海洋ゴミ対策)をさらに充実させるために充てられます。

 

 

あなたのストーリーを共有しましょう

PADI AWARE コミュニティは海の将来に対し常に前向きな姿勢で取り組んでいます。私たちの活動に世界中の人々が共感し、一緒に海を救う活動に参加できるよう応援しています。 

ソーシャルメディアへの投稿に @padi と @padiaware をタグ付けし、下にあるハッシュタグを使って、あなたの AWARE Week でのストーリー(体験)を発信してください。私たちのソーシャルメディアに投稿され、記念アルバムに掲載されます。

#AWAREWeek #SaveTheOcean #DiveAgainstDebris #LocalActionGlobalImpact  #EveryDiveaSurveyDive

 

 

 

 

Ocean

各地の AWARE Week イベント

PADI ダイブセンター、リゾート、プロフェッショナルが世界各地でイベントを開催しています。ぜひご参加ください。

 

 

バーチャルイベント

私たちの共有財産である海を活性化させるために役立つ情報が満載で刺激的なトークを   

1 週間にわたってオンラインで提供します。 

DAD 3
22 日(水曜日)
Dive Against Debris : せっかくのダイビングを無駄にしないために

Dive Against Debris・スペシャルティの概要と、水域環境から海洋ゴミを安全かつ適切に取り除くためのヒントをご紹介します。 

DAD data
23 日(木曜日)
データ提出のためのウェブ講習

データ提出のプロセスを説明し、品質審査プロセスに関する質問にお答えします。 

Ian
23 日(木曜日)
海洋保護にデータが不可欠な理由とは?

PADI AWARE Foundation の政策 & キャンペーン担当アソシエイト・ディレクター、イアン・キャンベル氏と一緒に、なぜあなたのデータが重要なのかについて短いディスカッションを行います。