DAD

Dive Against Debris®(ダイブ・アゲインスト・デブリ)への参加方法

 

 

Dive Against Debris® ダイバーとは?

Dive Against Debris® ダイバーは、保護活動を目的として海洋研究者や政策立案者が利用できる調査データを、ダイビングを通して収集する「フィン・オン(水中)」活動を行います。

なぜ Dive Against Debris ダイバーになる必要があるのか?

お気に入りのダイビングスポットや地元の海洋環境をゴミのない状態に保ち、世界最大のグローバル海洋データベースに貢献することができます。2030 年までに対象国で海洋ゴミを 50% 削減するためには、地域、国、国際レベルで皆が協力する必要があります。詳しくは PADI AWARE のマリン・デブリのページをご覧ください。

Dive Against Debris ダイバーになるにはどうすればいいですか?

ジュニア・オープン・ウォーター・ダイバー以上の方であれば、Dive Against Debris スペシャルティ・コースを受講して、海洋ゴミ問題に正面から取り組むことができます。ダイバーになって、世界最大の海洋市民科学運動に参加してみませんか?

 

 

 

 

ステップ・バイ・ステップ・ガイド

ダイバーとして世界最大の海洋市民科学運動に参加してみませんか?ジュニア・オープン・ウォーター・ダイバー以上のダイバー認定をお持ちであれば参加可能です。海洋ゴミの問題に真剣に取り組んでみませんか?

  1. ​​​お近くの PADI ダイブセンターで Dive Against Debris の認定を受けてください。これは標準的なアドベンチャー・ダイブ( PADI インストラクターの講習を通じた新しい体験やトレーニングを含むダイビング)で、アドヴァンスド・オープン・ウォーター認定と Dive Against Debris スペシャルティ・ダイバー認定を同時に取得することができます。
  2. ダイビングをした後に海洋ゴミのデータを提出できるように、My Ocean のプロフィールを作成してください。
  3. ダイビングをする前に「調査ツールキット」をダウンロードしてください。このキットには調査を成功させるために必要なものがすべて揃っています。
  4. コンサベーション・アクティビティ・ロケーターで検索し、 お近くの Dive Against Debris 調査を探してください。(※コンサベーション・アクティビティ・ロケーターは現時点で日本国内には対応していません。)
  5. ダイブ・アゲインスト・デブリのデータを報告するには、My Ocean プロフィールにログインしてください。オンラインまたは Project AWARE アプリをご利用いただけます。( iPhone または Android 用のアプリをダウンロードしてください。)

 

 

よくある間違い例と役立つヒント

 
間違い 1 : シュノーケリング、水泳、フリーダイビングをして得たデータを Dive Against Debris の調査のために利用する。

Dive Against Debris 調査は、海底で発見された海洋ゴミのデータを収集します。すなわち、スクーバダイビングをしていない人が発見したゴミは、パートナーである「 The Ocean Conservancy 」に提出しましょう。

 
間違い 2:海面、ビーチ、陸地から回収したゴミを Dive Against Debris の調査データとして提出する

Dive Against Debris の調査はスクーバダイビングによって海底、川底、湖底から回収された海洋ゴミだけを提出してください。そうすることでデータが非常に重要で特色のあるものになります。スクーバダイビングによる回収に限定することにより条件が均一化され、データの有効性と信頼性が高まります。

この原則に従うことで海洋ゴミを記録する世界で唯一のデータベースとなるのです。

これらの原則を守ることで、私たちのデータベースは特徴的なものになっています。私たちは海洋ゴミを記録している世界で唯一のデータベースです。これが私たちダイバーの収集するデータであることが極めて重要なのです。

一例として、間違いであることを示唆する調査結果は以下の通りです。

  • Minimum or maximum depth (最小または最大深度) = 0m/ft
 
間違い 3:陸上で調査したデータ

前述の間違い2と重複しますが、データは水中でスクーバダイビンクの際に回収されたものでなければなりません。

ダブルチェックの方法

  • 地図のアプリを拡大してピンが水中にあることを確認する。
  • 地図を衛星写真モードで表示するとより正確に位置を把握することができます。- 残念ながら現在のアプリは未対応ですが、近々可能となる予定です。
 
間違い 4 : 複数回のダイビングによるデータをまとめて提出する

1 ダイブ= 1 調査= 1 提出です。

これはデータベースをより正確に保つための原則です。1 回の調査ダイブにつき1 回提出して下さい。

 
間違い 5 : 破片を提出したが重量を記録し忘れた

水中から海洋ゴミはどんなに小さくても重さがあります。回収したゴミの重量はきちんと記録しましょう。

 
間違い 6 : 参加者全員の調査時間を合算する

調査時間は各バディチームが海洋ゴミ回収に費やした時間の平均とします。

例:バディチームが 3 組だった場合

  • バディチーム A 42 分
  • バディチーム B 48 分
  • バディチーム C 51 分

調査時間 = (42+48+51) ÷ 3 つのバディチーム = 47 分

 

 

よくある間違い例と役立つヒント

Revised
Seiko: Official Partner of PADI and PADI AWARE Foundation’s Marine Debris Program

As a proud sponsor of the marine debris program, Seiko will further the impact of the important work of the flagship citizen-science program, Dive Against Debris®, that not only removes debris but, perhaps more importantly, leverages findings to inform ocean-friendly policy change to prevent further pollution from entering the ocean. Together, Seiko, PADI, PADI AWARE Foundation and the global dive community will provide critical survey data that can be used by marine researchers and policymakers for conservation efforts.