Freedivingコース

初心者
Basic Freediver
初心者
フリーダイバー(Freediver)
継続教育
アドバンスド・フリーダイバー
アプネア(呼吸停止)時の体の機能を学びながら、ゆっくりと体を動かすことができるように、フリーダイビングのスキルを磨き上げ、向上させるように設計されています。
継続教育
マスター・フリーダイバー
エリート・フリーダイビング・レベルに近づきたいアドバンスド・フリーダイバーの方へ あなたは次のレベルにスタティック・アプネア、ダイナミック・アプネア、フリー・イマージョン、コンスタント・ウェイト・スキルを学ぶでしょう。
プロフェッショナル
フリーダイバー・インストラクター
フリーダイビングへの情熱を職業に変えましょう。 このインストラクター・コースは、フリーダイビングについて考え、最新の冒険の詳細を共有することに多くの時間を費やす、熱心なフリーダイバーのためのものです。
プロフェッショナル
Advanced Freediver Instructor
PADI Freediver Instructorsまたは他の教育経験のある団体からのフリーダイバー・インストラクターはPADI Advanced Freediver Instructorの評価を受ける資格があります。
プロフェッショナル
Master Freediver Instructor
PADI Advanced Freediver Instructors または他の教育機関のアドバンスド・フリーダイバー・インストラクターは、PADI Master Freediver Instructor の評価を受ける資格があります。
プロフェッショナル
Freediverインストラクター・トレーナー
PADI Freediver Instructor Trainer は、経験豊富なPADI Master Freediver Instructorであり、次世代のPADI Freediver Instructorを開発するためのプロフェッショナルのエリートグループに属しています。

 

 

Freediver Topside Hero

PADIを選ぶ理由

PADI Freedivingコースは、業界のリーダーとフリーダイビングの優勝者の意見を取り入れて開発されました。 ご自身のペースで学び、経験豊かなインストラクターと共に学んだことを実習に活かします。 フリーダイビングを始めるために、シュノーケリング、スキンダイビングまたはフリーダイビングの事前の経験は必要ありません。 PADI Freediverプログラムは、 大学の単位推薦のために承認されている唯一のフリーダイビングの講習プログラムです。

 

 

詳細情報

フリーダイビングを学ぶことに関して最もよくある質問へのご回答

 

 
長い時間息を止められないと、フリーダイビングはできないのですか?

これはフリーダイビングに関する最も一般的な誤解の一つです。本コースのなかで適切な息止めのテクニックを習得することができ、あなた自身が驚くほど長く息を止められるようになります。

 
泳げるようになる必要がありますか?

水泳選手のように泳げる必要はありませんが、水の中で自信を持って泳げることが望ましいです。例えばPADIフリーダイバーになるためには、200メートルを泳ぐ、または300メートルをスノーケルスイムすることができる必要があります。なおこの規準は時間制限なしで、クロールや平泳ぎなどの泳ぎ方も自由なので、ゆっくり泳いでも達成できます。

 
フリーダイバーになるためにどれぐらい時間がかかりますか。


フリーダイビングに必要なものは、マスク、シュノーケル、フィン、ウエイトベルト(時々)、ウエットスーツです(場所によって異なります)。 初心者向けのフリーダイビング器具に関する、この有益なガイドをご一読ください。

 
どこでフリーダイビングコースに申し込むことができますか?

お近くのPADIダイブショップにお問い合わせいただくかPADIフリーダイバーセンターのこのリストをご覧ください。

 

 

フリーダイビングについてもっと見る

情熱溢れるフリーダイバーがアドバイスと専門的知識を共有してくれます

 

フリーダイビングとスキューバダイビングの比較: 5つの大きな相違点

認定ダイバーとしてフリーダイビングに関心がありますか。 続きを読む...

フリーダイビングに関するよくある質問

フリーダイビングの種類、機材の種類などについて学ぶ

Freediver with Whales Card
フリーダイバーにしかできない4つのこと

三つ目は科学に逆らうです