コースについて

Advanced Open Water Diverコースは、スキルを向上させることを目的としています。 ナビゲーションと中性浮力を練習し、ディープダイビングを試し、選択した3つのスペシャルティ・ダイブを行います(スペシャルティ・コースのお試しのようなものです)。修了したスペシャルティ・ダイブはPADI® スペシャルティ認定にクレジットされる可能性があります。

これらがいくつかの例です: Enriched Air Nitrox, Deep, Fish Identification, Night, Peak Performance Buoyancy, Digital Underwater Imaging, Search & Recovery, Underwater Naturalist, Underwater Navigation, Dive Against Debris, Dry Suit, Wreck Diver.

スペシャルティ・ダイブのリストについては、よくある質問のセクションをご覧ください。

以下に当てはまるならこのコースを受けましょう
  • ダイビングの経験を積むこと
  • ナビゲーションの練習をすること
  • 様々なダイビングを体験すること
以下の事を学びます
  • 水深18m/60フィート以下の探索
  • 浮力の向上
  • コンパスの使用

Advanced Open Water Diverになるには

Advanced Open Water Diverになるには

詳しい情報

 
健康上の条件

スクーバダイビングには、心身の健康が必要です。慢性的な疾患、特定の薬の使用、および/または最近受けた手術などがある人は、ダイビングの前に医師による評価が必要です。

直前にがっかりしないように、ダイバーメディカルをダウンロードしてよく読み、スクーバコースに登録する前にダイビングするために医師の承認が必要ないことを確認してください。 インストラクター、ダイブマスター、ダイビングショップのスタッフは医師ではないため、メディカルにあんする相談は受けられません。 医療専門家だけがダイビングのための評価/承認を与えることができます。

あなた(またはあなたの医師)がダイビングの健康状態について質問がある場合は、ダイバーズ·アラート·ネットワーク(DAN)の専門家に連絡してください。 

 
参加前条件および最低年齢

コース参加前条件:PADI Open Water Diver、Junior Open Water Diver、または同等の他団体Cカード取得者。

Advanced Open Water Diverコースを始められる最低年齢は12歳。

  • 15歳以上のダイバーはAdvanced Open Water Diver認定
  • 12ー14歳のダイバーはJunior Advanced Open Water Diver認定
  • 10-11歳のダイバーはJunior Adventure Diver認定。12歳になった後、ディープ・ダイブを修了することで、Junior Advanced Open Water Diver認定。

Junior Advanced Open Water Diver認定を受けたダイバーは、15歳になると自動的にAdvanced Open Water Diverになります。15歳の誕生日が過ぎて、カードの再発行、またはeCardを購入することで、自動的にAdvanced Open Water Diver (Jr. Advanced Open Water Diverではない) 認定証となります。

 
ダイブショップの選択

このコースは地元でも、旅行先でも修了することができます。

認定には、知識開発、限定水域ダイブ、オープンウォーター・ダイブの3つのセクションがあります。 3つのセクションすべてを地元、旅行先、または2つに分けて修了することができます。

自宅に近いダイビングショップを選択すると:

  • 地元のダイビングコミュニティをサポートできる
  • お住まいの地域の他のダイバーに会うことができる
  • あなたの地元の生態系について学ぶことができる

次のような場合は、自宅から離れた場所にあるダイビングショップを選択してください:

  • 休日にダイビングの目的地への旅行を計画している
  • 旅行中に新しい人に会いたい
  • 旅行中にコースを修了する時間がある
 
よくある質問

Advanced Open Waterの深度 Advanced Open Water Diverコースには1ディープ・ダイブが含まれています。 どのくらい深いの? 答えは年齢、地域の法令/条例、またはダイブ・サイトによります。

  • 15歳以上の最大深度は30メートル/100フィート
  • 12-14歳の最大深度は21メートル/70フィート

上記の深度は最大深度で、あなたのダイブはこれよりも浅いことがあります。ディープダイブとは18メートル/60フィートより深いダイブをのことを言います。これは19メートル/62フィートまでのダイブもディープダイブとみなされることを意味します。

PADI Advanced Open Waterコースは、スペシャルティ・コースのお試しサンプルのようなものです。以下のリストをチェックして、ダイブショップやインストラクターにそれらのダイブができるか問い合わせてください。

追加のボーナスとして、各スペシャリティ・ダイブは関連するスペシャリティ認定にクレジットされる場合があります。 たとえば、Advanced Open Water Diverコースでドライスーツ・ダイブを試し、それが気に入った場合、PADI Dry Suit Diver認定に必要な2本のダイビングのうちの1本をすでに終えていることになります。

これらのスペシャルティダイブは、ほぼどこでも利用できます。

  • Deep
  • Fish Identification
  • Night
  • Peak Performance Buoyancy
  • Digital Underwater Imaging
  • Search & Recovery
  • Underwater Naturalist
  • Underwater Navigation

以下のスペシャルティダイブは、すべての場所で利用できるとは限りません。 興味のあるものを見つけた場合は、インストラクターまたはダイブショップに連絡して可能かどうかを確認してください。

  • Adaptive Support
  • Altitude
  • Boat
  • Cavern
  • Delayed Surface Marker Buoy (DSMB)
  • Dive Against Debris
  • Diver Propulsion Vehicle (DPV)
  • Drift
  • Dry Suit
  • Enriched Air
  • Full Face Mask
  • Ice
  • Rebreather
  • Self-Reliant diving
  • Shark Conservation
  • Sidemount
  • Wreck
 
その他の費用と器材

このコースでは、認定のために知識開発と水中トレーニングの両方が必要です。 当社のウェブサイトからPADI eLearningコースを購入した場合、費用は知識開発部分のみがカバーされます。

PADI Instructorによる認定を修了するには追加費用がかかります。 費用は、クラスの規模、環境、および器材を借りる必要があるかどうかによって異なります。 詳細と料金については、PADIダイブセンターまたはリゾートにお問い合わせください。

基本的なスクーバ器材に加えて、コンパス、ダイブナイフ/ツール、ダイブコンピューター、生徒用スレートが必要になります。 これらのアイテムをお持ちでない場合は、ダイブショップにこれらのアイテムのレンタルまたは購入についてお問い合わせください。

また、水中写真/ビデオ撮影用のカメラなど、スペシャルティ・ダイブに特化した器材が必要になる場合もあります。 PADI Instructorが、必要となる可能性のある特殊な器材とその入手方法についてアドバイスします。

 
所要時間

PADI eLearning:6-8 時間

コース全体: 2-3 日

 
利用可能言語

English, Portuguese, Russian, Arabic, Dutch, French, German, Italian, Spanish, Japanese, Korean, Chinese Simplified, Chinese Traditional.

その他の言語についての詳細はPADIダイブセンターまでお問い合わせください。

 
動作環境

PADIのオンラインコースは、以下のブラウザで動作するように設計されています。 快適に進めるには、ブラウザが最新であることを確認してください。

  • Chrome
  • Safari
  • Edge
  • Firefox

インターネットにアクセスできない場所に行く予定の場合は、PADI Training アプリを使用してコースコンテンツをダウンロードし、オフラインで学習してください。 コンテンツは小さなセクションでダウンロードでき、合計ファイルサイズは約540MBです。 オンラインに戻ったら、進捗状況をアップロードして、中断したところからトレーニングを再開できるようにします。

PADI Trainingアプリは、Android™およびApple® iOSデバイスで利用できます。 理想的なエクスペリエンスを実現するには、デバイスが新しいものから3モデル以内で、最新のOS(オペレーティングシステム)で実行されている必要があります。

 
このコースの後は

Advanced Open Water Diverコースでは、さまざまな種類のスペシャルティ・ダイブを試し、あなたのダイビングの適性と興味を発見します。 追加のボーナスとして、あなたが行う各ダイブは、関連するスペシャルティ認定にクレジットされる場合があります。

たとえば、Advanced Open Water Diverコースでレック・ダイブを試し、それが気に入った場合、PADI Wreck Diver認定に必要なダイブの1本としてクレジットすることができます。

考慮すべき他のいくつかのコースは次のとおりです。

More Courses

PADI Reactivate
Continuing Education
ReActivate Scuba Refresher Program
Update your dive skills and knowledge with a quick scuba refresher from the PADI Open Water Diver Course before jumping back into the water.
PADI Peak Performance Buoyancy course
Continuing Education
Peak Performance Buoyancy
Observe aquatic life without disturbing their surroundings. Improve the buoyancy skills you learned as a new diver and elevate them to the next level.
PADI Courses: Enriched Air Diver
Continuing Education
Enriched Air Diver
The most popular PADI specialty course. Scuba diving with enriched air nitrox gives you more no decompression time, especially on repetitive scuba dives.