Advertisement
Blog ダイブショップを探す カードを交換する

Diving in Bikini Atoll

Explore diving in Bikini Atoll

ビキニ環礁は、229平方メートルの中央ラグーンを囲むマーシャル諸島のサンゴ礁です。難破船の愛好家にとって、ビキニ環礁は最も魅力的な船の墓場の1つであり、21の軍事難破船が手付かずのラグーン生態系で印象的なダイビングを提供しています。

ここにはサメが豊富に生息しており、オグロメジロザメ、シルバーチップ、ブラックチップ、ホワイトチップ、インド太平洋レモン、さらにはガラパゴスサメでさえ、ラグーン内の保護された海域に出現しています。

外側のサンゴ礁では、灰色のサンゴ礁とツマグロが絹のようなヨゴレで見られ、時折シュモクザメが通り抜けます。

Translated by 
When to dive in Bikini Atoll

ここでは一年中ダイビングできますが、ビキニ環礁でダイビングをするのに最適な時期は5月から10月です。

海水温は27°C / 80°Fを下回ることはなく、9月から11月の間に30°C / 86°Fに達する可能性があります。

Translated by 
img
Join PADI Club
Get 20% off courses and access to more than $340 worth of other benefits!
Join the club
img
Get PADI Gear
Get 20% off your first order!
Shop now

Book your diving in Bikini Atoll

More Information

ビキニ環礁への旅はそれ自体が冒険であり、数日間の旅行、フライト、送迎が含まれます。

オーストラリアとアジアからは、ホノルルまたはグアムを経由するかを選択できます。ホノルルよりオーストラリアをお勧めします。グアムからのフライトでは、マニラまたは東京を経由する必要があります。

米国とヨーロッパから、ハワイのダニエルK.イノウエ国際空港(HNL)に国際線で行き、ホノルルで一晩飛行します。

Time Zone
UTC+12:00
Currency
USD
Voltage
120 V
Languages
Marshallese
International airports
Marshall Islands Intl (MAJ)
Translated by 

Popular courses: Bikini Atoll

x

Save that favourite

With a PADI Travel account, you can favourite dive operators to come back to later on any device or computer

Log in or sign up