Advertisement

Diving in Ihavandhippolhu Atoll

Explore diving in Ihavandhippolhu Atoll

このエリアは整備されていないため、ダイビングオペレーターは既知のダイビングサイトの詳細を提供できます。しかし、北環礁の特徴は、より広く浅い水路です。これは流れを減らし、スキューバを初心者から上級ダイバーに適したものにします。

壁や張り出しには、多種多様なソフトコーラルとハードコーラルが期待できます。サンゴ礁はテーブルコーラルで覆うことができ、マクロライフは豊富です。マンタは適切な季節に見つけることができます。また、サンゴ礁や水路には、サンゴ礁のサメ、カメ、ナポレオンベラ、その他の遠洋性生物が見られます。

この環礁の地形には、洞窟、スイムスルー、ピナクル(ティラ)が含まれます。スナッパー、ハタ、マグロ、ウツボ、ミノカサゴ、裸鰓類、スポンジ、甲殻類を期待してください。

Translated by 

Dive sites and dive shops in Ihavandhippolhu Atoll

Find local PADI dive shops and explore the top dive sites with our map.

Common marine life sightings for Ihavandhippolhu Atoll

img
Join PADI Club
Get 20% off courses and access to more than $340 worth of other benefits!
Join the club
img
Get PADI Gear
Get 20% off your first order!
Shop now

Book your diving in Ihavandhippolhu Atoll

More Information

男性のイブラヒムナシル国際空港は、西ヨーロッパからの直行チャーター便で十分に運航されていますが、直行便はまれであり、最初に中東での乗り継ぎが必要になる場合があります。

最寄りの環礁であるハーアリフへの送迎は、水上飛行機で75分かかります。

Time Zone
UTC+05:00
Phone
+960
Currency
MVR
Voltage
230 V
Pressure
Bar (bar)
Plug
C, D, G, J, K, L
Languages
Divehi; Maldivian;
1st Stage
INT / Yoke / K
International airports
Male Intl (MLE)
Translated by 

Popular courses: Ihavandhippolhu Atoll

x

Save that favourite

{% trans 'With a PADI Travel account, you can favourite dive operators to come back to later on any device or computer' %}

Log in or sign up