PADI Rescue Diver course
認定コース

Rescue Diver

継続教育

説明

ダイバーは、よくPADIレスキュー・ダイバー・コースを、これまでに受けた中で最も困難だったけど、最もやりがいのあるコースだと言います。なぜでしょうか?それは水中で起こる問題への予防と対処法を学び、ダイバーとしてスキルに自信を持てるようになり、必要に応じて、他の人を助けることもできることが理解できるからです。コース中、問題解決のスキルを自然に行なえるまで練習することで、あなたはよりよいバディになることを学びます。また、このコースは本当に楽しいのです。 真面目に取り組みますが、集中した学習の合間に多く楽しい時間もあります。 12歳以上で、アンダーウォーター・ナビゲーションのアドベンチャー・ダイブを修了したPADIアドベンチャー・ダイバー(ジュニアを含む)であれば、レスキュー・ダイバー・コースに参加できます。また、24か月以内にエマージェンシー・ファースト・レスポンス一次ケアと二次ケア(CPRとファーストエイド)のトレーニングを受けている必要があります。ただし、これはレスキュー・ダイバー・コースと並行して行なっても構いません。インストラクターは、エマージェンシー・オキシジェン・プロバイダー・スペシャルティ・コースを推奨する場合もあります。 *コース金額に含まれるのは、オンライン・トレーニング、評価、Cカードのみとなります。実習トレーニングにかかる費用、ダイビング、ダイビング器材、生徒スレート、ログブックはPADIダイブセンターにて別途お支払いください。
継続教育
Rescue Diver
eラーニングの価格には自習用教材とカードの申請料が含まれます。別途、水中トレーニングの費用に関してはダイブショップにご相談ください。
言語を選択してください
年齢要件
12歳以上
参加前条件
PADIアドベンチャー・ダイバー以上 、または同等の他団体Cカード取得者、かつEFRプログラムまたは同等の修了者(※アドベンチャー・ダイバーの場合、ナビゲーション・ダイブを行なっていることが条件となります。)
所要時間
約10〜12時間

More Courses