説明

スクーバ・ダイビングが大好きですか?新しい立場に立って、他の人たちにもその世界を広めたいですか?PADIダイブマスターコースを受けて、あなたが好きな世界を今後の仕事にしてみましょう。スクーバ・ダイバーたちは、ダイブマスターを尊敬しています。なぜなら、他の人たちのやる気を起こさせたり、指導することができる立場にあるからです。あなたは、ダイブマスターとしてその経験を重ねているだけではなく、他の人たちが、あなたがそうであるように、楽しく経験を重ねることを一緒に楽しむことができます。 PADIダイブマスター・コースは、プロフェッショナルとしてのトレーニングの最初の段階となります。PADIインストラクターと一緒に活動しながらダイビングのスキルをさらに高めていき、浮力も難なく調整でき、レスキュー・スキルもさらに磨きをかけ、一般的な水中でのトラブルを避ける方法を身につけることができます。ダイビングの知識を深め、水中における管理能力を高めることにより、様々な場面で他のダイバーたちのお手本となることができます。 PADIダイブマスターとして、あなたはスクーバ・ダイビング活動を、リーダーとして管理・監督したり、ダイバーのトレーニングをサポートしたりすることができるようになります。遠方にある場所や、近場のダイビング・ショップで働くかどうかにかかわらず、これからの人生を大きく変えることができるチャンスです。PADIダイブマスターは、世界的なダイビング機関であるPADIの一員として尊敬されます。 18歳以上のPADIレスキュー・ダイバーであれば、PADIダイブマスター・コースを受けることができます。また、下記の要件も必要となります。 ・過去24ヶ月以内にエマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)一次と二次ケア(CPRとファーストエイド)のトレーニングを修了していること ・ダイビングに適した体調であるか診断し、医師の署名の入った病歴/診断書(12カ月以内) ・ログブックに記録された最小限40回のダイブ(コース参加時)に加えて、コース終了時までに60回のダイブが修了していること ※ 他のダイビング教育機関による認定を認める場合もあります。PADIインストラクターにお問い合わせください。 *コース金額に含まれるのは、オンライン・トレーニング、評価、Cカードのみとなります。実習トレーニングにかかる費用、ダイビング、ダイビング器材、生徒スレート、ログブックはPADIダイブセンターにて別途お支払いください。
Mobile phone in plane

Academic

Prerequisites & Requirements

年齢要件
18歳以上
参加前条件
PADIレスキュー・ダイバー、またはそれに相当する資格を有すること。ログブックに40回以上のダイブが記録されていること。過去24ヶ月以内にEFRプログラムまたは同等の修了していること。ダイビングに適した体調であるか診断し、医師の署名の入った病歴/診断書
所要時間
約50時間